海外FX業者 XM(XMTrading)には、マイナンバーの提出が必要ではない。

XMへマイナンバー登録しなくてもOK

海外FX業者 XM(XMTrading)は、法律・規制に基づいてトレーダーへマイナンバーの入力を求めています。

口座開設時、日本人トレーダーの場合は「マイナンバーをお持ちですか?」と日本語で聞かれます。

後述で質問の目的や理由を詳しく解説しますが、現時点ではマイナンバーの登録および提出(アップロード)は必須ではありません

XMの公式サイト こちら

マイナンバーをお持ちですか?では、「いいえ」を選択

海外FX業者 XM(XMTTrading)で口座開設する途中会員ページにログインした際、「マイナンバーをお持ちですか?」の質問に「いいえ」と答えても現時点では問題ありません。

「いいえ」を選択した後は、「後で知らせる」のボタンを押すしてください。

日本のマイナンバーは、納税者番号というものです。英語では、Tax ID(タックスID)やTIN(Tax Identifying Number(タックス・アイデンティファイング・ナンバー))と呼ばれます。

参考:海外の証券会社(海外のネット証券)で口座開設する際に求められるのTIN(税者番号)とは?

XMへマイナンバーを提出する場合

海外FX業者 XM(XMTrading)でマイナンバーを登録する方法・手順

海外FX業者 XM(XMTrading)で取引や出金するために、マイナンバーの提出は必須ではありません。

ただし、マイナンバーが提出不要なのは現時点での話です。

XMへマイナンバーを提出・入力することによる不利益(デメリット)はありませんので、もしお手元にマイナンバーカードやマイナンバー通知カードをお持ちなら次の手順で登録してみてください。

マイナンバーの登録をしなくてよい理由に、個人情報の流出の危険性を疑うために登録をしなくても大丈夫という回答をするトレーダーやアフィリエイターがいます。しかし、すでに口座有効化のために免許証やパスポートなどをアップロードしている点といくつかの国や地域で既に登録必須となっている点から、個人情報の流出の懸念が登録拒否できる直接的な理由ではありません。

XMへのマイナンバーを登録する場合の流れ

海外FX業者 XM(XMTading)へのマイナンバー登録は、口座開設時に以下の項目を入力するだけです。

登録には、1分もかかりません。

質問 回答
1 マイナンバーをお持ちですか? はい。または、いいえ
2 納税国を選択してください Japan
3 送信/後で知らせる 送信を選択
4 マイナンバーを入力してください 12桁のマイナンバーを入力
5 確定 確定を選択
マイナンバーの登録は、口座開設時にしなくても後からも出来ます。会員ログインページの「マイ・アカウント」からいつでも登録できます。

XMの会員ページ こちら

XMがマイナンバー登録をお願いする理由

海外FX業者 XM(XMTrading)が、マイナンバーの登録をトレーダーに求める理由は、法律にもとづく対応です。

現時点では、XMがあるセーシェル共和国の金融庁によってマイナンバー(納税者番号)の登録を義務化する指導はまだありません

ただし、日本がマイナンバーを導入したように、世界的な流れとしてマイナンバーの導入が進んでいます。

既に、EUのキプロスやイギリスなど一部の国では、銀行や海外FX業者を含む証券会社(ネット証券)で口座開設する際にマイナンバーの登録が必須になっています。

マイナンバー登録の説明で、「共通報告様式」という言葉が使用されることがあります。共通報告様式とは、脱税および租税回避を対処する国際的な基準の一つです。英語ではCRS(Common Reporting Standard)です。

世界中のXMブランドの中にはマイナンバー必須のところも

XM(XMTrading)は、最近はアメリカ進出にも取り組んでいるグローバルにサービスを展開する海外FX業者です。

セーシェル共和国にあるXMTradingを含むXMブランドの中には、マイナンバーの提出をしないと取引ができない・口座開設ができない海外FX業者もあります。

XM.COMは、2018年1月以前からメールおよび会員ページでアジアや一部の国や地域のトレーダーに対して、セーシェル共和国 FSAの管理下にあるXMTrading(XMトレーディング)への取引口座の移行・移管の案内を出しています。セーシェルFSA(Seychelles FSA)のXMTradingでは、マイナンバーを含む納税者番号の提出は必須ではありません。

イギリスFCAやキプロスCySECのXM.COMではマイナンバー登録が必須

イギリスFCAおよびキプロスCySECにあるXM.COMの取引口座をご利用しているトレーダーは、納税者番号(マイナンバー)および国籍に関する書類提出を行わなければ、2018年1月3日以降は取引ができません。

XM.COMへマイナンバーを登録することで、発行国とXMの情報がリンクされ、FXで得た利益の隠蔽工作や無申告などの脱税行為ができなくなります。

対象となるトレーダーは、XM.COMの会員ログインページにて必ず納税者番号と国籍情報を提出してください。

海外の銀行や証券会社ではマイナンバー登録が必要

日本でマイナンバー制度の施行以降、日本人が海外の銀行や証券会社(ネット証券)で口座開設する際、多くの銀行でTax IDとしてマイナンバーの提出が必須となっています。

納税者番号およびマイナンバー通知カード(マイナンバーカード)の提出を求めている海外FX業者は、XMの1社ではありません

複数の海外FX業者(海外FXブローカー、海外FX会社)にて同様の手続きを実施しており、一部の海外FX業者ではマイナンバーの提出が必須とされています。

XM(XMTrading)のマイナンバー登録は現時点では必須とされていませんが、マイナンバーの提出に抵抗があるトレーダーもこの機会にこうした手続きに慣れておくと良いかもしれません

XMの公式サイト こちら

みんなで海外FX限定最 大8,000円口座開設ボーナスもれなく もらえる5,000円キャッシュバック未入金ボーナス3,000円

\ みんなで海外FXなら、+5,000円! /

XMの最新ボーナス一覧 こちら