XM(XMTrading)の出金制限・出金条件は3つあります。

XM (XMTrading, エックスエム)には、出金に制限がかかるパターンが3つあります。

1. 残高に含まれるボーナス額は、出金不可能です。

XMから受け取ったボーナスは、出金することは出来ません。

MT4口座/MT5口座の「残高」内には、ボーナス資金の「クレジット計」も含まれます

そのため、ボーナスを受取っている場合、残高全額を出金できるわけではありません

XM(XMTrading)の最新ボーナス一覧

* ボーナスは、ボーナス × 出金申請額/出金可能額 × 100 [%]の割合で、出金の度に自動的に消失 (キャンセル)されますので、ご注意ください。

2. ポジション保有時、証拠金維持率150%以下になる出金申請は不可能です。

XMでは、未決済のポジション (未決済注文)を持っている場合、FX取引に必要な一定の資金は出金することは出来ません。

一定の資金とは、証拠金維持率の150%以下となる資金です。

XM(XMTrading)の出金申請ページでは、以下の様に記載されています。

「出金依頼は、ポジションを閉じた後に送信されることを推奨いたします。XMはポジションを保有した状態の取引口座からの出金依頼も受け付けています。ただし、お客様の未決済ポジションに対するロスカットの可能性を避けるべく、証拠金維持率が150%を下回ることになる出金依頼は受け付けられません。獲得利益はいつでも出金可能ですが、その際の出金資金を同一割合の取引ボーナス額が消失します。」

海外FXの証拠金維持率の計算方法

3. 入金実績に応じた出金ルールを無視した出金申請は不可能です。

XMに限らず、他の海外FX会社 (海外FX業者, 海外FXブローカー)は、AMLのために、入金手段・入金額に伴う出金ルールがあります

AMLとは、Anti-Money Laundering (アンチマネーロンダ―リング, マネーロンダリング防止)の意味で、資金洗浄を禁止させる仕組みです。

そして、次の上位出金手段での入金実績がある場合、順番に出金されます。

  1. クレジットカード/デビットカード
  2. 仮想通貨 ビットコイン (Bitcoin)
  3. オンラインウォレット (電子ウォレット)
  4. 銀行送金 (被仕向送金, 外国送金)

ただし、「クレカ出金やビットコイン出金は、入金額までが上限」や、「オンラインウォレットのSTICPAY (スティックペイ)は、入金実績が必要」など、出金手段に応じた条件があります

複数の決済方法で入金して、実際の出金順番や出金可能額が分からない・出金に不安がある場合は、XM(XMTrading)の日本語窓口へ問合せしましょう。

XM(XMTrading)公式サイトで確認