最新の入出金方法一覧

Axiory (アキシオリー)は、2017年に仮想通貨 ビットコインでの入出金導入をはじめ、各入出金の仕様が変更しています。

最新の入出金方法および手数料各手続きにかかる時間(口座反映や出金から着金まで)などについては、Axiory公式サイト「資金の入出金方法」にてご確認をお願いいたします。

AXIORYの入手金方法一覧 (公式)

Axioryの概要

Axioryは、2011年よりSIBA(セイシェル・インターナショナル・ビジネス・オーソリティ)の監督の元、ヨーロッパとアジアを中心にサービス(外国為替証拠金取引とCFD取引)の提供を開始した比較的新しいブローカーです。

現在では、ベリーズに拠点を移し、ベリーズのIFSCの登録のもと、運営されています。

IFSC規定の分別管理保管口+αの秀でた顧客保護プログラム

Axioryは、Axiory自体が倒産(破綻)した場合でも、トレーダーのお客様の資産まで影響が出ることはなく、資金の回収が行えるように資金返還規約を定めています。

具体的には、トレーダーが取引口座へ入金または利益を獲得すると、それらトレーダー資産は、Axioryの企業運営のための資金とは異なる口座であるドイツのSparkasse Bank(シュパーカッセ銀行)に分別保管されるため、Axioryの倒産時でも、オープン・ポジションのある時点の評価損益を含む取引口座内の金額が補償される仕組みになります。

また、Axioryは、第三者監査機関として、監査法人大手 PwCと提携しており、仮にAxiory倒産時、Axioryで管理が出来ていない状態になったとしても、PwCとの協議を行い、分別保管されているトレーダー資金の回収が出来ます。

加えて、Axioryは、金融取引における顧客との紛争に特化している取引第三者紛争解決機関(The Financial Commission)へ加盟しているため、Axioryとトレーダーのような当事者間dで解決しがたい困難な協議を中立な立場で、解決への手助けをしてくれる委員会の助けを受けることが出来ます。

Axiory 公式サイト

新星の日本語対応証券会社

特別にボーナス等のプロモーションをするわけでもなく、また英語圏では全く活動がみられないAxioryですが、日本国内ではとても人気があります。

少々滑り(スリッページ)が多いとの評判はありますが、500倍のハイレバレッジと日本語サポートが完備された初心者にも優しい証券会社です。

最初は、「スタンダード口座」から

Axioryの口座(アカウント)は、STP方式の「スタンダード」と、ECN方式の「ナノスプレッド」の2種類から選べます。

スタンダードアカウント(STANDARD account)は、Axioryを試すにはうってつけのAxioryにおいて最も標準的な能力を備えた口座タイプになり、ナノスプレッドアカウント(NANO account)は、極端なロースプレッドを売りにしたECNアカウントとなっています。

Axioryで取引を始めるにあたっては、他社とも比較がしやすくブローカーとしての標準的能力が測れる「スタンダード口座」で口座開設をおすすめします。

まずは、通常のMT4でAxioryのサーバーの稼働状態や平均的スプレッド等を確かめてみましょう。

もちろん、口座開設はすべて無料でインターネットで完結します。追加でECNの口座が必要な場合は、いつでも自由に追加開設可能です。

Axiory 口座開設フォーム

【注意喚起】取引ソフト MT4へのログイン時に表示されるサーバーは、取引口座で選択する内容が異なりますのでご注意ください。

  • スタンダード口座 = AxioryAsia-01Live
  • ナノスプレッド口座 = AxioryAsia-02Live
  • デモ口座 = AxioryAsia-01Demo