老舗の海外FX会社「IFC Markets」

IFC Markets(IFCマーケット)は、世界屈指の金融街ロンドンに本店を構え、オフショアとして有名なイギリス領ヴァージン諸島の金融ライセンスにて営業を行う老舗の海外FX会社です。

また、IFC Marketsを統括するIFCM Groupとしては、別のレギュレーションにて別ブランドのFXブローカーも構えていたりと世界展開を行う大きな金融企業で、とても安心感のあるFXブランドとなっています。

IFC Markets 公式サイト

2018年、MT5導入

IFC Marketsは、2018年春、NetTradeXにて変動スプレッド口座の提供を開始しました。

NetTradeXは、それまで固定スプレッド口座のみ。

2018年夏には、MT5のリアル口座提供が始まるなど、IFC Marketsでは精力的に新技術の導入や開発が進められています。

IFC Marketsで利用できる取引プラットフォームは、MT4、MT5、NetTradeXの3種類。

IFC Marketsの特徴はその取引口座環境

  • 原則固定スプレッド
  • 初回必要入金額が、100円から
  • 最小取引単位は、0.001 lot
  • ロスカットは、10%
  • DMA/STP、スリッページの無いインスタント・エグゼキューション採用
  • 日本円口座の他、ユーロやドル口座も複数口座開設ができる
  • 預託証拠金に対し最大7%の金利
  • 株式CFD取引で配当金が受け取れる
  • FX通貨ペアに始まり株式や貴金属など取り扱い銘柄は500以上

IFC Marketsの口座環境は、ゼロカットや顧客資産の信託はもちろんのこと、ロスカットは10%と極端に低く設定され取引における扱いやすさは抜群です。

さらに固定スプレッドという点に関し、自動売買ロボットの利用でこんな環境を探していた!という方も多いことでしょう。

IFC Marketsは、日本語のサポートもあり老舗の安定感と口座のアドバンテージといったメリットに対し、入出金方法の少なさくらいがデメリットとなっています。

100通貨単位から始められるFX初心者向け海外FX口座

IFC Marketsは、初回入金額が1USD (およそ100円)に設定されています。

実施に、100円だけ入金するというのは送金手数料等も考慮するともったいない送金額ですが、多くの海外FX口座が初回最低1万円程度に設定されているのに対し、FX取引をはじめるハードルの低さがIFC Marketsのメリットです。

また、入金額が1万円を超える場合、IFC Markets側で発生する入金手数料は無料となります。

IFC Markets独自開発プラットフォーム NetTradeX

特徴的な口座設定に続いて、また特徴的なのがこのNetTraderX (ネット・トレードX)という名前のIFC Markets独自開発系取引プラットフォームです。

NetTradeX ダウンロードへ

NetTradeXもMetaTrader同様にマルチリンガルなので、日本語で利用できます。

実際の取引画面はMetaTraderと似ていますので、Metatraderに慣れた方であれば、それほど戸惑うこともなく移行できます。

IFC Marketsの取引口座タイプ

IFC Marketsが提供している取引口座タイプは非常に多いため、MetaTrader 4とNetTraderXの2種類の取引ソフトや固定スプレッドなどの様々な条件から、最もご希望の条件にあったものをお選びください。

基本は、スタンダード口座とビギナー口座

IFC Marketsでは、大きく分けてスタンダード口座ビギナー口座という二つのタイプの取引口座を提供しています。

IFC Marketsのスタンダード口座とビギナー口座の違いはレバレッジと最小入金額(投資コスト)です。

スタンダード ビギナー
レバレッジ 最大400倍 最大200倍
投資金額 10万円から 100円から

IFC Marketsでは、スタンダード口座とビギナー口座のどちらの口座タイプも、ゼロカットに対応し追証は発生しません。

選べる取引ソフト

IFC Marketsは、各口座タイプとも以下のいずれかの取引ソフトを選ぶことができます。

  • MetaTrader 5 (MT5)
    次世代のFX取引ソフト、マーケットとシンクロ力をメリットとしています
  • MetaTrader 4 (MT4)
    最も人気のFX取引ソフト、長年磨き上げられた機能性に強みを持ちます
  • NetTradeX
    IFCM独自開発プラットフォーム、細かな融通が利き銘柄の研究などに優位性があります

IFC Marketsは、複数取引口座を同時利用することができ、すべての取引ソフトを同時に利用することもできます。取引ソフトの利用にあたって、料金などは発生しません。

スプレッドは2種類

IFC Marketsで提供されているスプレッドタイプは、

  • 変動スプレッド 最低1.4pips
  • 固定スプレッド 原則1.8pips

の2種類です。

EAや自動売買を利用する際には、常に取引条件が固定される固定スプレッドが使いやすいこともありますが、通常は、市場環境に合わせて取引を行える変動スプレッドをお選びください。

最初は、「ビギナーアカウント」から

IFC Marketsもどの口座でFXを始めるか迷ったら、ぜひビギナー口座でIFC Marketsを始めてください。

IFC Marketsのビギナー口座は、

  • 初回最低入金金額 1ドル(約100円)
  • 最大レバレッジ 400倍
  • 最小取引サイズ 0.001ロット (NetTradeXの場合)

と、リスクをおさえて非常に小さな取引ができる取引環境となっています。

「迷ってはいないけれど自信がないな」という方にも、スタンダードでなくNetTradeX ビギナー口座から初めてみられることをおすすめします。

IFC Markets 公式サイト

IFC Marketsのビギナー口座には、MT4とNetTradeXの2種類があり、0.001ロット(通常の1000分の1)の取引ができるのは、NetTradeXのビギナー口座です。

年利最大7%の高金利海外口座

IFC MarketsのFX取引口座では、余剰証拠金に対し金利が発生します。

年利2%から最大7%の非常に高金利となっています。

IFC Marketsの年利についての詳細は、キャンペーン紹介ページよりご確認ください。

IFCM 高金利海外口座キャンペーン