IFCMarkets 目次

  1. IFCMarketsとは
    1. 会社情報
    2. 金融ライセンス
    3. 評判・口コミ
  2. 口座開設キャンペーン
  3. 取り扱い銘柄
    1. 仮想通貨取引
  4. 取引環境・取引条件
    1. 取引プラットフォーム
    2. ゼロカット対応
  5. 口座タイプ
    1. 違い比較
    2. 変動と固定スプレッド
  6. 高金利海外口座
  7. 入出金方法
  8. FX初心者向け
    1. 最初はビギナー口座

高金利の海外FX口座が開設できるIFCMarkets(IFCマーケット)!

IFCMarkets(IFCマーケット)とは?

IFCMarkets(IFCマーケットまたはIFCマーケッツ)は、イギリス領ヴァージン諸島に登録を置く海外FX業者です。

固定スプレッドと変動スプレッドが選べたりMT4やMT5以外にNetTradeXが使えたりするなど、FX初心者にも最適な取引環境と取引条件が選べます。

最大レバレッジは400倍でゼロカット対応(追証なし)、日本語対応の老舗の海外FX業者の1社です。

IFCMarketsの会社情報

以下が、IFCMarkets(IFCマーケット)の金融ラインセンスや運営会社についての会社情報です。

海外FX業者 IFCMarkets
設立年 2006年
運営会社 IFCMARKETS. CORP.
国や地域 イギリス領ヴァージン諸島
登録番号 IBC CAP 291 669838
登録住所 Quijano Chambers, P.O. Box 3159, Road Town, Tortola, British Virgin Islands
金融ライセンス BVI FSC
ライセンス番号 SIBA/L/14/1073
カスタマサポート 日本人サポート在籍
電話番号 0120-963-965、03-4588-8338
メールアドレス [email protected]

IFCMarketsの本社は、世界屈指の金融街のイギリスはロンドンに構えています。

公式サイト(ifcmarkets.com)

IFCMarketsの金融ライセンス

以下が、IFCMarkets(IFCマーケット)の金融ライセンスです。

  • CySEC(Cyprus Securities and Exchange Commission)
  • BVI FSC(British Virgin Islands Financial Services Commission)
  • マレーシアのLFSA(Labuan Financial Services Authority)

金融ライセンスの詳細については、IFCM Group(アイエフシーエムグループ)についてのページでご確認ください。

IFCMarketsの評判・口コミ

IFCMarkets(IFCマーケット)は海外FX業者であるため利益没収や出金拒否などの噂はありますが、詐欺行為として認められて金融ライセンスのはく奪などの制裁を受けた実績はありません。

出金が出来ない場合、利益の出金条件が達成されていない可能性があります。出金が出来ない理由が分からない場合は、日本語カスタマーサポートまでお問い合わせください。

また、IFCMarketsのLP(リクイディティプロバイダー)は世界の8つの有名証券取引所であり、IFCMarketsの狭いスプレッドと高い約定力は口コミでも評判です。

日本語サポートはこちら

LPとは、Liquidity Provider(リクイディティプロバイダー)の略です。海外FX業者に為替レート、チャートを提供している銀行や証券会社、証券取引所がLPです。市場提供元やインターバンクと呼ばれます。

参考:FXのLPとは何ですか?市場提供元の違いはどんなことに影響を与えますか?

IFCMarketsの口座開設キャンペーン

海外FX業者 IFCMarkets(IFCマーケット)は、不定期に口座開設ボーナスなどの口座開設キャンペーンを開催しています。

最新の口座開設キャンペーンは、キャンペーンページでご確認ください。

また、最大7%の高金利の利息がもらえる口座開設特典や豪華賞品が当たるトレードコンテスト(取引コンテスト)の開催を実施しています。

口座開設(無料)はこちら

IFCMarketsの取り扱い銘柄

以下が、IFCMarkets(IFCマーケット)の取り扱い銘柄のカテゴリーです。

  • FX通貨ペア
  • 貴金属(メタル)
  • エネルギー
  • 株価指数(インデックス)
  • 株式
  • ETF
  • 仮想通貨(暗号資産、暗号通貨)

IFCMarketsの最大レバレッジは、400倍です。

公式サイト(ifcmarkets.com)

IFCMarketsの仮想通貨取引

海外FX業者 IFCMarkets(IFCマーケット)が、仮想通貨取引に対応を開始しました。

以下の仮想通貨(暗号資産、暗号通貨)が取引できます。

  • ビットコイン(Bitcoin/BTC)
  • ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)
  • リップル(Ripple/XRP)
  • イーサリアム(Ethereum/ETH)
  • ライトコイン(Litecoin/LTC)

IFCMarketsでは、ビットコインの先物取引も出来ます。

仮想通貨ペアの最新一覧はこちら

仮想通貨取引の最大レバレッジ

海外FX業者 IFCMarkets(IFCマーケット)の仮想通貨取引の最大レバレッジは、10倍です。

また、仮想通貨取引(暗号資産CFD)の取引時間は、24時間365日です。

土曜日や日曜日の週末もいつでもMT4やMT5で仮想通貨を取引できます。

仮想通貨取引を始める!

IFCMarketsの取引環境・取引条件

以下が、IFCMarkets(IFCマーケット)で取引するメリットです。

  • 取り扱い銘柄は600以上 – FX通貨ペアや株式、貴金属など
  • 初回必要入金額(最低入金額)は100円 – 少額投資が出来る
  • 最小取引単位は0.001ロット
  • ロスカットレベル(ストップアウトレベル)は証拠金維持率の10%
  • DMA・STP、スリッページの無いインスタントエグゼキューション方式採用
  • 日本円口座対応 – 複数口座開設可能
  • 預託証拠金に対して最大7%の金利付与
  • 株式CFD取引で配当金(調整差額金)が受け取れる
ゼロリセットとは、他の海外FX業者で追証なしのゼロカット(0カット)やNBP(ネガティブバランスプロテクション)、マイナス残高防止機能と呼ばれる損失補てんのシステムです。そのため、取引の結果、マイナス残高となっても(入金額以上の損失が発生しても)借金を負う必要がなく、追加の証拠金を支払う必要がありません。

日本語のカスタマーサポートもあり、老舗の安定感と口座のアドバンテージといったメリットで海外FX初心者にもおススメです。

公式サイト(ifcmarkets.com)

IFCMarketsの取引プラットフォーム

以下が、IFCMarkets(IFCマーケット)で使える取引プラットフォームです。

  • MT4(メタトレーダー4、MetaTrader4)
  • MT5(メタトレーダー5、MetaTrader5)
  • NetTradeX(ネットトレードエックス)

2018年夏から待望のメタトレーダーの最新シリーズであるMT5に対応したリアル口座の提供を始めました。

さらに、IFCMarketsが開発・提供している取引プラットフォーム(取引ソフト)のNetTradeXでも、変動スプレッドに加えて固定スプレッドの取引口座が開設できるようになりました。

無料ダウンロードはこちら

オリジナル取引ソフト「NetTradeX」とは?

海外FX業者 IFCMarkets(IFCマーケット)では、NetTraderXという名前のIFCMarketsが開発・提供している無料の取引プラットフォームでも取引が出来ます。

NetTradeXも、MT4(メタトレーダー4、MetaTrader4)とMT5(メタトレーダー5、MetaTrader5)のメタトレーダーと同じ様にマルチリンガル対応で、日本語にも設定可能です。

実際の取引画面はMT4やMT5と似ていますので、メタトレーダーでの取引に慣れたトレーダーであれば、それほど戸惑うこともなく簡単にNetTradeへ移行できます。

NetTradeXの詳細はこちら

取引プラットフォームの違い比較

以下が、IFCMarkets(IFCマーケット)の取引プラットフォームの特徴・違いの比較です。

MT4
最も人気のFX取引ソフト。長年磨き上げられた機能性が強み
MT5
次世代のFX取引ソフト。マーケットとのシンクロ力が特徴
NetTradeX
IFCM独自開発プラットフォーム。細かな融通が利き、銘柄の研究などに優位性あり

IFCMarketsでは、iPhneやiPadなどのスマートフォンやタブレットのモバイル端末でもFXアプリ(スマホアプリ)で取引できます。

NetTradeXアプリにもMT4アプリ、MT5アプリなどをインストールして下さい。Android対応NetTradeXやiOS対応NetTradeX、Android対応MT4、iOS対応MT4、Android対応MT5、iOS対応MT5があります。

IFCMarketsではダウンロード不要のウェブトレーダー(WebTrader)もあります。

まずは、口座開設をする(無料)

IFCMarketsはゼロカット対応(追証なし)

海外FX業者 IFCMarkets(IFCマーケット)は、ゼロカット対応です。

IFCMarketsではゼロカット対応(追証なし)をゼロリセットと呼びます。マイナス残高になってもゼロリセットのボタンを押すと、残高が0円に修正されます。IFCMarketsでは、ゼロリセットによってマイナス残高時の損失補填(損失補てん)のための追証の支払いは必要ありません。借金リスクゼロです。

さらに、顧客資産の分別管理やロスカットレベルが証拠金維持率の10%と極端に低く設定されているなど、取引のしやすさは抜群です。

口座開設キャンペーンもチェック!

IFCMarketsの口座タイプ

海外FX業者 IFCMarkets(IFCマーケット)で選べる口座タイプは、デモ口座を含めると全9種類あります。

  • スタンダード口座 – 固定スプレッド・
  • ビギナー口座
  • マイクロ口座
  • デモ口座

以下が、選べる口座タイプと取引プラットフォーム(取引ソフト)の組み合わせです。

取引プラットフォーム 口座タイプ スプレッド
NetTradeX スタンダード口座 固定スプレッド
変動スプレッド
ビギナー口座 固定スプレッド
変動スプレッド
デモ口座 固定スプレッド
変動スプレッド
MT4 スタンダード口座 固定スプレッド
マイクロ口座 固定スプレッド
デモ口座 固定スプレッド
MT5 スタンダード口座 変動スプレッド
マイクロ口座 変動スプレッド
デモ口座 変動スプレッド
取引プラットフォームの利用にあたって、使用料などは発生しません。

IFCMakretsには、無料でバーチャルトレードができるデモ口座もあります。

デモ口座開設(無料)はこちら

口座タイプの違い比較

海外FX業者 IFCMarkets(IFCマーケット)のスタンダード口座とビギナー口座、マイクロ口座の違いは、レバレッジ最低入金額です。

最大レバレッジ
スタンダード口座 200倍
ビギナー口座 400倍
マイクロ口座 400倍
最低入金額
スタンダード口座 10万円
ビギナー口座 100円
マイクロ口座 100円
IFCMarketsでは、スタンダード口座とビギナー口座、マイクロ口座でもゼロリセットで追証が発生ません。

また、IFCMarketsでは複数口座を同時利用することができ、すべての取引プラットフォームも同時に利用できます。

口座開設マニュアルはこちら

固定スプレッドと変動スプレッドの違い比較

以下が、IFCMarkets(IFCマーケット)で提供されているスプレッドのタイプです。

スプレッド
変動スプレッド 最低0.4ピップ
固定スプレッド 原則1.8ピップ

EAなどで自動売買(自動取引)をする際には、常にスプレッドが変わらない固定スプレッドが使いやすいこともあります。

裁量取引などのトレーダーには、市場環境に合わせて取引を行える通常の変動スプレッドが人気です。

変動・固定スプレッドの口座はこちら

年利最大7%の高金利海外口座

海外FX業者 IFCMarkets(IFCマーケット)の取引口座では、余剰証拠金に対して最高7%の金利が受け取れます。

最低金利2%から最高金利7%までの高金利となっています。

IFCMarketsの年利についての詳細は、高金利キャンペーンのページで確認できます。

年利7%のFX口座はこちら

IFCMarketsの入金方法と出金方法

海外FX業者 IFCMarkets(IFCマーケット)のデメリットに、以前は入出金方法の少なさがありました。

2019年頃から大きく改善されて、仮想通貨などの様々な入金方法および出金方法が利用できる様になりました。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • bitwallet(ビットウォレット)
  • ビットコイン(Bitcoin/BTC)
  • 国内銀行送金(国内送金)
  • 海外送金

オンラインウォレットでは、bitwallet(ビットウォレット)やWebMoney(ウェブマネー)が使えます。

入金ページはこちら

100円からFXが始められる!FX初心者向け海外FX口座

海外FX業者 IFCMarkets(IFCマーケット)は、初回入金額が100円に設定されています。

100円だけ入金するというのは送金手数料等も考慮するともったいない送金額ですが、多くの海外FX業者が初回最低1万円程度に設定されているのに対し、海外FXをはじめるハードルの低さがIFCMarketsのメリット・長所の1つです。

また、IFCMarketsでは、入金手数料も基本的に無料(0円)です。

まずは、口座開設をする(無料)

入金手数料発生の記載のある国際銀行送金においても入金額が1万円を超える場合は、IFCMarkets(IFCマーケット)側で負担となり、入金手数料は0円となります。

最初はビギナー口座・マイクロ口座

海外FX業者 IFCMarkets(IFCマーケット)で、口座タイプや取引プラットフォームをどれを選んだら良いのか迷ったらビギナー口座またはマイクロ口座を選んで下さい。

  • 初回最低入金額が、100円
  • 最大レバレッジが、400倍
  • 最小取引サイズが、0.001ロット
IFCMarketsのビギナー口座とマイクロ口座は、非常に小さなボリュームで、リスクの少ない少額投資取引ができる取引環境となっています。

「迷ってはいないけれど自信がないな」というトレーダーにも、スタンダード口座でなくビギナー口座がオススメです。

公式サイト(ifcmarkets.com)