TradeviewはNY本店の海外FX会社

Tradeview (トレードビュー)は、

  • Tradeview Forex
  • Tradeview Stocks
  • Tradeview Prime
  • Tradeview Markets など

主な取引マーケットの違いで、口座タイプと展開ブランド名が異なることがあります。

ですが、いずれも同じ海外FX会社 (海外FX業者/海外FXブローカー)のTradeviewです。

Tradeview 公式サイト

ケイマン諸島登録・ライセンス保有です

2004年創業のTradeviewとは、アメリカはニューヨークで活動を行う証券会社です。*

ケイマン諸島のCIMA (Cayman Islands Monetary Authority)認可の下を取得しています。

ケイマン諸島は、今では 1年間に 1.5兆円ともされる資金が動く国際的な金融ハブの一つとなっているイギリス領土です。

Tradeviewのようにケイマンを本拠地として登録する金融機関の多くは、ニューヨークなどに支店を持ち、ニューヨークを通して顧客との接点を持つことが一般的となっています。

業界一の最狭スプレッドが評判です

海外FX会社は、市場提供元 (LP: Liquidity Provider/リクイディティプロバイダー)と呼ばれる、トレーダーに表示されるチャートデータを提供する銀行や証券会社と提携・契約します。

Tradeviewの場合は、モルガンスタンレーなど、世界有数の金融機関の上位 50社以上と契約しています。

そのため、スプレッドは他社と比較しても狭いという口コミが多く、業界一と評判のスプレッドの狭さを実現しています。

また、スキャルピングに向く銘柄の取り扱いなど、優れた取引環境に定評があります。

FXが初めての初心者やビギナーより、中級者から上級者に人気のある海外FX会社です。

* Tradeviewは、アメリカ合衆国 (米国)で活動するための認可を持たないため、アメリカ合衆国にお住まいの方は、口座開設できません。

Tradeview デモ口座開設

預託資金の分別管理と信託保全

Tradeviewは、クライアントの預託資金を、ウェルズファーゴ銀行 (WFC: Wells Fargo & Co.)に信託し、自社資本と完全に分別する分別信託管理を実施しています。

預託資金とは、トレーダーが入金した自己資金で、証拠金 (預り金/投資資本金)のことです。

さらに、分別されたお客様の自己資金である預託資金は、独立した会計機関「ファンドアドミニストレーション(Fund Administration, Inc)」により管理されます。**

つまり、トレーダーの獲得利益を含む預り金は、Tradeviewの法人運営 (企業資産)とは別にあることで、仮にTradeviewが経営難などで倒産しても、安全に出金できることになります。***

ウェルズファーゴ銀行について気になる方は、広瀬隆雄氏のコラム「Market Hack」の記事「ウォーレン・バフェットが愛して離さない銀行 ウエルズファーゴ…」も目を通してみられてください。

** ファンドアドミニストレーションとは、ヘッジファンドやブローカー、ディーラー、ファンドオブファンズの資産や口座に対し財務会計、コンサルティング、管理事務を提供する機関です。

*** 顧客が取引口座へ入金した資金を補償する信託保全もあるため、Tradeview起因で事業に影響が発生した場合においても、顧客の資金は最大 35,000ドル (日本円にして約 350万円)まで補償される仕組みもあります。

Tradeview 口座開設はコチラ

Tradeviewには5つの強みがあります

Tradeviewの魅力的な特徴とメリット (長所)は、主に以下の 5つです。

1. 最低スプレッドは、0.0 pipから
Tradeviewが人気の理由の一番の理由がスプレッドの狭さです!
2. NDD方式のECN口座とSTP口座完備
ダイレクトにマーケットへアクセスして取引できます!
3. 損失補填のゼロカットシステム採用
ハレバレッジ、NDD、低スプレッドに加えて、追証も発生しません!
4. 選べる取引ソフト
一番人気のMT4、最新版メタトレーダーのMT5、さらにcTrader、Currenexまで選択可能です!
5. 透明性の高さ
情報の透明性や開示状況もまた人気の理由です!

NDDとは、いわゆるユーザーと証券会社の利益が相反しない取引環境の口座で、注文は全て市場提供元へ直接流されます。

ただし、ECN方式の口座では、取引手数料 (コミッション/Commission)が発生しますのでご注意ください。

始めての方は「MT4スタンダード口座」

Tradeview-FX-Forex-Platform-Software-JPY-Japanese-Yen-MT4-MT5-MetaTrader-cTrader-Viking-Stock-USA

Tradeviewには、6つの口座タイプがあります。

それぞれ特徴的で、取引条件・取引環境に大きな違いがあります。

  • MT4 ILC口座
    (メタトレーダー4 Innovative Liquidity Connector)
  • MT4スタンダード口座
    (メタトレーダー4 X Leverage (スタンダード口座))
  • cTrader口座
    (Cトレーダー)
  • Currenex口座
    (カレネックス (バイキング (Viking)))
  • MT5口座
    (メタトレーダー5)
  • Tradeview株式口座
    (米国株式取引専用の米ドル建てMT5口座)

口座内通貨単位が、日本円 (JPY)となる日本円建て口座の設定が出来る口座種類もあります。

Tradeview アカウント比較

FX初心者でも、Tradeviewの堅く、筋肉質な経営スタイルとプロ志向の企業ブランドに惹かれた方は、日本人スタッフによる日本語対応サポートで、安心してFXを始めることが出来ます。

Tradeviewを始めたい方には「MT4スタンダード口座」がおススメ口座です。

理由は、100ドル (約 1万円)からの自己投資額で、Tradeviewにおける最大レバレッジ 500倍のFX取引が出来ます。

加えて、海外FXで一番人気の取引プラットフォーム MT4 (MetaTrader4 (メタトレーダー4))という、利用性が高く、安心サポートのツールで取引可能です。

Tradeview 口座開設はコチラ

損失補てんで借金の心配がありません

また、Tradeviewは、ゼロカットシステム (NBP機能)を採用しています。

その為、取引の結果で、入金額以上の損失を被りマイナス残高になっても、借金を負うことはありません。

つまり、損失補てん (損失補填)がされますので、追証なしとなります。

マイナス残高防止機能とも呼ばれます。

TradeViewは本当にゼロカット?

10万円なら「MT4 ILC口座」がおすすめ

TradeviewのECN方式を採用したMT4 ILC口座は、10万円以上預託される方へ向けたプレミアムなサービスです。

最小 0.0 pipというスプレッドの狭さ、取引の継続性、トータルでの取引コスト、約定力など、比較しても多くの面でスタンダード口座を上回ることはもちろん、配信価格の操作 (負けを誘うストップ狩りなど)の心配もありません。

**** MT4 ILC口座で、取引毎に発生する売買手数料は、5ドル (1ロットの往復取引毎)と設定されています。

Tradeviewの最大レバレッジについて

日本人による日本語対応で安心です

Tradeviewには、日本人スタッフがいます。

そのため、メールやチャットも日本語対応を受けることが出来ます。

Tradeview お問い合わせはコチラ

口座の有効化のための本人確認書類も、日本語書類の提出で問題ありません

  • 身分証明書
    (パスポートなど)
  • 住所確認書
    (公共料金支払い請求書など)

日本人スタッフの名前・経歴など、オフィシャルサイトに掲載されています。

注目の電子ウォレット SticPay (スティックペイ)や、仮想通貨 ビットコインでの入金にも対応しています (詳しくはこちら)。

***** 仮想通貨では、入金額以上の出金は出来ません。

Tradeview 公式サイト