XM (XM Trading) (エックス・エム) 最新のキャンペーン

海外FX会社、名実ともにナンバーワンのXM

XM (エックスエム または XMTrading)とは、セーシェル金融庁の認可の元で、Trading Point of Financial Instruments Ltdが 2009年より営業を開始しているNDD方式採用の海外FX会社です。*

* XMは、セーシェル金融庁 (FSA)から証券ディーラーのライセンス: 番号 SD010を交付されています。

許認可レギュレーション、ライセンスの豊富さが強み

みんなで海外FXでは、海外FX会社 (海外FX業者 または FXブローカー)を一覧に掲載するにあたってレギュレーション・法律や金融ライセンスを譲れない条件としています。

XMは、グローバル展開しているグループ企業も含めると、CySEC (キプロス証券取引委員会)を足がかりに最も難しい金融ライセンスとされるイギリスのFCA (金融行動監視機構)やASIC (オーストラリア証券投資委員会)など、世界中の金融当局で登録完了・許可が下りており、海外FX会社としての信頼度と安心感は抜群です。

** XMは、グローバル展開しており、国や地域によっては、XM (エックスエム)そのままの名前であったり、XMTrading (XMトレーディング (エックスエムトレーディング))の名前で海外FX事業を実施しています。

XM (XM Trading) 公式サイト

XMのメリットと強み

人気のXMは、既に説明不要なほどにインターネット上のクチコミやレビューにその評価が溢れていますが、特筆するべきXMの主な魅力・特徴は以下の5つです。

1. ハイレバレッジ 888倍
2. 損失補てんのゼロカットシステム採用
マイナス残高防止機能で、借金が発生しない (追証なし)
3. 日本語対応のサポートデスク完備
4. 口座開設キャンペーンを含む豪華プロモーション
無料で海外FXが始められる口座開設ボーナスなど
5. FX通貨ペア + 金取引、インデックス投資など
ビットコインをはじめ、仮想通貨FXにも対応 ***

こうしたメリットから、XMは、海外FX会社の中ではトップの人気と、日本国内でのシェア率も間違いなく1番となっています。

*** 仮想通貨 (暗号通貨)のハイボラティリティなマーケット状況から、サービスを一時停止・終了している場合があります。

XMのキャンペーンとボーナス

XMが、現在これほどに人気の理由はブローカーとしての安心感と、ボーナスによりもたらされる実質的なメリットが大きいためです。

XMは、「常に」お得なキャンペーンを展開し、入金ボーナスや、自己資金ゼロで海外FXをスタートできる口座開設ボーナス (未入金ボーナス)などを実施しています。

XMで常時実施されているボーナスでも、最初に目につくのは次の3つです (2019年1月時点)。

上記他のキャンペーンおよび、XMが不定期に開催している世界的イベントとコラボしたプロモーションにおける詳細や利用条件については、各キャンペーンページにてご確認ください。

XM キャンペーン一覧

最もおススメのボーナスは「口座開設ボーナス 3,000円」

XMの口座開設ボーナスとは、未入金ボーナスとも呼ばれ、XM初めての方は誰でも3,000円付き口座を開設ですることが出来る口座開設キャンペーンです。

口座開設ボーナスでプレゼントされた3,000円のボーナス資金自体は出金できませんが、ボーナスを利用してFX取を行い利益を獲得した場合には、条件達成 (条件クリア)により出金することができます。

また、もし、取引の結果でマイナス残高となってしまっても、損失が補てんされる、ゼロカット (0カット)やNBP (ネガティブバランスプロテクション)、追証なし、マイナス残高防止機能などと表現される借金が発生しないシステム採用しているため、借金・追加証拠金の心配をする必要はありません。

入金不要の口座開設ボーナスなら、ノーリスク (リスクゼロ)で、ハイレバレッジの海外FX口座を試せるチャンスがありますので、ぜひご活用ください!

口座開設ボーナス3,000円 詳しく

まずは「マイクロ口座」から

XMをはじめてのFX会社 (FX口座)に選ばれる方が多いためか、次のような質問を頻繁にいただきます。

  • 「どの口座タイプ (アカウントの種類)がいいかわからない。」
  • 「口座の基本通貨ペア (口座内の通貨単位)は何を選ぶべきか?」など

みんなで海外FXでは、初めての方に対して、日本円建ての「マイクロ口座」をおススメしています。

XMのマイクロ口座およびスタンダード口座は、初回入金額が500円、ワンコインという少ない初期投資額で海外FXが始められ、かつXMのハイレバレッジなど全てのサービスが受け取れる口座種類です。****

さらに、マイクロ口座なら、注文のロット数 (取引単位)が小さいため、実際の発注注文時に設定する証拠金 (掛け金 または ベット)が少額で済み、リスク管理を学ぶのに最適な取引環境・取引条件となっています。

**** 初回入金額とは、最低入金額などとも呼ばれます。FXを始める際に、一番最初に必要な投資金額です。投資の資金的コストや負担をできる限り減らしたい場合は、初回入金額が少ない取引口座を選んでください。

XM口座タイプ 徹底比較

口座開設だけでなく、追加口座開設も無料 (0円)

別タイプや別通貨での追加口座開設は、初期口座開設後に自由に開設可能です。

XMでは、お一人様、最大8つまで取引口座を作成・保有することが出来ます。

もちろん、口座開設は全て無料です。

XMの取引口座は、90日間の利用が確認できない場合、休眠口座扱いとなり、毎月5ドルの口座維持手数料が残高から自動的に引かれ、残高が0円になると口座凍結となり、対象の取引口座は利用できなくなりますのでご注意下さい (休眠・凍結の詳しい解説はコチラ)。

XM (XM Trading) 口座開設はコチラ

海外FXのスタンダード取引ソフト MT4およびMT5完備

XMなどの海外XF会社では、トレーダーのPC (パソコン)やスマホ (スマートフォン)、タブレットなどのモバイル端末に取引ソフトまたはアプリをダウンロードして取引を行います。

XMでは、初心者からプロまでレベルを問わず、グローバルなFX取引でもっとも利用されている取引ソフト (取引プラットフォーム)を採用しています。

  • メタトレーダー (MetaTrader)
    • MT4 (エムティーフォー または MetaTrader4)
    • MT5 (エムティーファイブ または MetaTrader5)

ソフトウェア会社のMetaQuotes社によってMT4の次に開発・提供開始された最新のメタトレーダー MT5では、仮想通貨が取引 (仮想通貨FX または ビットコインFX)することが出来るなど、最新ツールならではのメリット・違いがあります。

取引ソフトのMT4およびMT5は、無料でDLして、利用することが出来て、強力なチャート分析機能や自動売買ソフト (EA: エキスパートアドバイザー)などの取引支援ツールも充実しています。

また、XMには、XMが提供するオフィシャルのスマホアプリ (タブレットでも利用可能なモバイルアプリ)があります。

参考: 仮想通貨の取扱銘柄

2018年10月時点で、XMにおける仮想通貨CFD (暗号通貨CFD)における取引銘柄は、次の5種類です。

上記の仮想通貨は、ドル建てでの提供となり、各シンボルは次の通りです。

仮想通貨 MT5上のシンボル
ビットコイン BTC/USD
ビットコインキャッシュ BCH/USD
リップル XRP/USD
イーサリアム ETH/USD
ライトコイン LTC/USD

XMのMT5口座における仮想通貨の取引は、CFD取引 (差額決済取引)のため、値段が上がりそうなときの「買い」の取引だけでなく、暴落時などを狙った「売り = 空売り、ショート」からも取引をはじめることが出来ます。

XM (XM Trading) 公式サイト

XMの取引口座は、全てゼロカットで、追証無し

XMは、ここでおススメしているマイクロ口座はもちろん、全ての取引口座タイプでゼロカット (0カット)を導入しています。

日本国内のFXや商品先物取引、株式の信用取引では、取引資金 (取引証拠金)が不足してしまった場合に、追加で取引資金を入金しなければいけない制度があります。

ゼロカットとは、この取引資金を追加しなければいけない制度を無くし、取引資金が大幅に不足し口座残高がマイナスとなってしまっても、XMがマイナス額分を負担し損失補てんを行うサービスの通称です。

ゼロカットがあることで、XMの利用者は、万が一の事態においても入金額以上の損失・リスクを負う必要がありません

XMの禁止取引について

日経225などインデックス投資、金取引も少額で可能

XMは、過去数年にわたって最も人気の海外FX会社です。

888倍のハイレバレッジでありながら、FXを少額で始めることもできることが、そうした人気を支える一つの理由ですが、XMでは完全に自己負担ゼロ・リスクゼロでFXを始められる「口座開設ボーナス 3,000円」も実施しています。

XMをご利用の際は、ぜひ、最初に口座開設ボーナスを活用した一連の口座開設キャンペーンに申し込みましょう。

また、XMではFX通貨ペアに限らず、金取引 (ゴールド)や、日経225 (日経平均株価)などの株価指数銘柄も取扱っています。

通常、初期投資として数万円が求められる株価指数投資 (インデックス投資)ですが、XMなら日経225の取引を数百円から始められて、さらに「商品先物」と「現物」の2種類から選択できるなど、効率的な少額投資を行うことが出来ます。

XM (XM Trading) 公式サイト