日本語サポートサイトがオープン

Yadixは、FAQやお問い合わせフォームなどのサポートコンテンツの少ない公式サイトを支えるために、サポートサイトとして「Yadixサポートサイト」をオープンしました (2018年4月追記)。

Yadxiを利用するにあたっての簡単なFAQやニュースは、サポートサイトで配信されています。

また、お問い合わせフォームもサポートサイトに設置されています。

Yadixをご利用の際は、あらかじめ、Yadixサポートサイトもご確認ください。

Yadixサポートサイト

Yadixのレバレッジは、最大500倍

2010年にサービスを開始した「Yadix(ヤディックス)」は、シンプルな3種の口座タイプと初心者からプロトレーダーへも最適でマルチなFX取引環境を提供しています。

2010年にサービスを開始したYadix (ヤディックス)は、シンプルな3種の口座タイプと初心者からプロトレーダーへも最適でマルチなFX取引環境を提供しています。

Yadixの最大レバレッジは、全ての取引口座タイプで 500倍です。

YadixのFX取引口座は、15以上の為替チャートの価格情報を提供する銀行を含む金融機関 (市場提供元/LP)との提携によって成り立つ、強固な環境でトレードが出来ます。

Yadix 公式サイト

Yadixの3つのメリットと強み

1. スプレッド 0 pip
買値と売値に差を0 (ゼロ)にしたトレーダー優位な取引環境
2. NDD方式のECN/STPモデル取引
流動性の高さだけでなく、信頼性も高い取引方式 (注文処理)
3. マルチファンクション
他社で規制されるスキャルピング (秒速/分速の取引)やEA (自動売買ロボット/自動取引ソフト)が利用可能

シンプルにメリットある取引環境を提供していることが、魅力で、評判でもあります。

1.スプレッド 0を実現

Yadixは、取引の要である為替チャートの価格情報の提供を15以上の市場提供元から取得することで、高い流動性 (ハイボラティリティ)を確保できます。

高い流動性は、買値 (アスク/Ask)および売値 (ビッド/Bid)の価格差を指す「スプレッド」の広がりを抑え、最低スプレッドを 0ピップを実現します。

市場提供元が多いことで、よりトレーダーに有益な価格を選出して、より最適な価格を提供することができ、注文処理を逃すようなリクオート (約定拒否)が発生することはありません。

2.市場直結のECN/STPモデル

Yadixは、世界で最も人気・実力がある海外FX取引プラットフォーム「MT4 (MetaTrader4/メタトレーダー4)」を採用し、さらに、Yadixがトレーダーとマーケットとの間に介入するのことのないNDDの取引方式を採用しています。*

NDD方式のなかで、日本の株式取引の電子取引所取引と同様のフローで市場で自由に取引が行われる「ECNモデル」と、自動的に最適な市場提供元と取引が行われる「STPモデル」の2つのいずれかが口座ごとに決まっており、どちらも最も透明性の高いFX取引です。** ***

* NDD・・・ノーディーリングデスク (No Dealing Desk)の略です。
** ECN・・・エレクトロニックコミュニケーションネットワーク (Electronic Communications Network)の略で、日本の株式市場と同じように銀行や証券会社、投資家が参加する市場で、お互いの注文に対して自動的に最適な価格で取引が実行されます。
*** STP・・・ストレートスループロセッシング (Straight Through Processing)の略で、ECNとの違いは、取引先に投資家がおらず、お客様の注文をFX会社によって市場提供元の価格とマッチングさせて、最適な価格で取引で取引を実行させます。

3.スキャルピングおよびEA利用可能

Yadixの透明性がFX取引環境と、世界中に配置された10の最新データーサーバーにより、FX会社のシステムに大きな負荷がかかることが理由で他社では規制がされているようなスキャルピングなどの取引方法を、Yadixでは自由に実行できます。

Yadixは、政治・経済のニュースに基づく価格の上下を予測するデイトレーディングとは異なり、為替チャートを秒速で判断し、瞬時に売買をすることで利益獲得の確度を上げる「スキャルピング (Scalping)」を規制しておりません

高速取引やYadixは、取引プラットフォームであるMT4のシステムファイルの中にダウンロードをする簡単な設定で、計算されたアルゴリズムに従って自動で取引を可能にする「EA (エキスパーアドバイザー/自動売買システム)」の使用も禁止しておりません

Yadix 公式サイト

3つの口座種類

Yadixのリアル取引口座の種類・一覧比較は、以下の3つです。

デモ口座のご用意もあります。

初めてのトレーダー、Yadixの取引環境を見極めたい方は無料で自由に利用できます。

スキャルパー口座 クラシック口座 プロ口座
取扱銘柄 ・FX
・株価指数
・コモディティ
・FX
・株価指数
・コモディティ
・FX
・株価指数
・コモディティ
最大レバレッジ 500倍 500倍 500倍
最低スプレッド 0.0 pip~ 1.0 pip~ 0.0 pip~
取引サイズ 0.01 lots~ 0.01 lots~ 0.01 lots~
取引手数料**** 5ドル/ 1 lot なし
(無料)
3.5ドル/ 1 lot
ゼロカット
(NBP機能)
追証なし
(損失補填)
追証なし
(損失補填)
追証なし
(損失補填)
**** 取引手数料は、1ロットの注文ごとの価格で、クラシック口座の場合は、注文時 5ドル (欧州ユーロ建てなら、5ユーロ)、決済時5ドル (欧州ユーロ建てなら、5ユーロ)で合わせて、10ドルとなります。

Yadix 口座開設フォーム

Yadixサポートサイトを活用しよう

Yadixは、2018年3月、日本語窓口を設置しました。Yadix日本語窓口の開設にあたり、サポートサイトがスタートしています。

日本人による日本語対応サポートです。

また、サポートサイトでは、順次最新ボーナスキャンペーン (プロモーション)の掲載もされています。

キャッシュバック口座 (リベート口座)の申込なども行っていますので、ぜひ一度ご確認ください。

お問い合わせは、サポートサイトから

Yadix公式サイトには、英語のお問い合わせ窓口のみ設置されています。

Yadixへ日本語でのお問い合わせの場合は、サポートサイト内のお問い合わせフォームもしくは、[email protected]のメールアドレスまでご連絡されてください。

Yadixサポートサイト