為替取引においてインターバンク市場で取引されている直物価格のことを、インターバンクレートといいます。

円相場と呼ばれる通常の為替レートはインターバンク・レートのことを示します。

国内で銀行や証券会社等を通じて提示されているレートは、対顧客電信為替相場といい、顧客向けに金融機関が決めたレートの事でインターバンクレートではありません。