Bitcoinの次に有名な仮想通貨

Ethereumとは (イーサリアムとは)、2013年に発行され能力が異なるBitcoinとは異なる仮想通貨です。

仮想通貨業界で、Ethereumの市場規模は、Bitcoin (ビットコイン: BTC)に次ぐ、2番目となります。

また、正確には、Ethereumというブロックチェーンの仮想通貨が、Ether (イーサ: ETH)となります。

(他にも、Cardano (カルダノ)というブロックチェーンの仮想通貨が、ADA Coin (エイダコイン)のように、ブロックチェーンの名前と仮想通貨の名前が一致しないケースはあります。)

ビットコインとは異なる特徴

EthereumとBitcoinでは、それぞれの仮想通貨 (暗号通貨)を構築するブロックチェーンの仕組みが異なります。

Bitcoinのブロックチェーン (Blockchain)では、決められたBitcoinの全体数と、それらの取引に関する連続したデータを、オープンソースのビットコインネットワーク内にいる皆で管理します。

それに対して、Etheremでは、繋がりのない様々な分野のデータを、ブロックチェーンで管理します。

Ethereumのブロックチェーンの仕組みは、Turing Programming Languageによって実現できており、Ethereum上で、誰でもスマートコントラクト (Smart Contract)や、非集中型のアプリを作成することが出来ます。

様々な分野のでデータとは、個人情報や健康に関する情報、金融取引など、不連続なデータです。

他の仮想通貨も発行できるEthereum

Ethereumは、仮想通貨の根幹技術であるブロックチェーンに加えて、実際のビジネスなどの取引で応用が利くスマートコントラクト機能で、その広い応用性から市場を拡大しています。

特に、Ethereumのブロックチェーンで、新しい仮想通貨 (暗号通貨)が発行できる点は、非常に優れています。

Ethereumから派生した仮想通貨は、ERC20トークン (ERC-20 Token)と呼ばれます。

暗号資産に関する解説一覧