株主資本(自己資本)による資金調達の方法として「新株発行を伴う資金調達」のこと。公募(時価発行増資)・ 株主割当(額面発行増資、中間発行増資)・第3者割当といった払込を伴う増資や、転換社債・ワラント債の発行などを総称する際、用いられます。 ただし転換社債やワラント債の場合、発行時はエクイティ・ファイナンスに属するものの、転換権や新株引受権が未行使となった部 分については自己資本の増加を得ることができないので、結果的に 他人資本による資金調達となります。 自己資本を充実させ財務的基礎を堅固にするなどの効果を期待で きますが、株式を増加するため、1株当たり利益が希薄化したり、調達した資金が適切な投資に当てられなかった場合、配当政策や会 社の支配関係などに影響が出るなど、リスクも含んでいます。 そのようなエクイティ・ファイナンスに対し、他人資本の増加を伴っ た有限の償還期限(原則)を持つ資金調達を、デッド・ファイナン スと呼びます。