高値・安値、始値・終値を表示するチャートの表現方法の一つになります。
金融商品や通貨の価格の動きを表示する棒グラフ状のチャートで、キャンドルスティック・チャート(ロウソク足チャート)と呼ばれます。

ブロックの上下から線が出ており、その見た目がロウソクに似ているため、この様に呼ばれています。

ブロックは、始値・終値を示し、”白(色なし/緑)”と”黒(色付き/赤)”があります。

  • 白・・・始値 < 終値
  • 黒・・・始値 > 終値

また、線が”出ているパターン”と”出ていないパターン”もあります。

  • ブロックの上の直線・・・高値
  • ブロックの下の直線・・・安値

始値=安値などの際は、直線が出ないパターンとなります。

キャンドルスティックの一連の動きから、あらゆる期間における始値〜終値や、時事ニュースとの関係性を瞬時に把握することができます。