オプション取引が行われている際に、オプションの保有者が、契約で定められた期日・期間内に、契約で定められた価格でオプション取引のベースとなっている商品を購入できる権利のことを指します。