寄付きと引けの間、継続して行われる売買のこと。最も安い売り注文と最も高い買い注文の間で個別に売買が成立します