ポジション(建玉)を持った時に相場がお客様にとって不利に動いた場合、その損失を一定レベルに抑えるためにあらかじめ出しておく反対売買の逆指値注文の事。

短く「ストップ・ロス」と呼ばれることが多いです。