現在の市場価格をスポット・プライス(Spot Price)と呼び、その価格で取引することがスポット取引です。

スポット取引は直物為替(直物取引)を示し、相対する言葉として、先物為替取引(フォワード取引)があります。