ふりがな ふりがな
(読み仮名)
せきゅりたいぜーしょん

広義では、資金の調達や運用が、現金から証券形態での取引中心 に移行すること。企業の資金調達が借入れ主体から社債発行などを 中心とするようになることを指します。また狭義では、貸出債権を 債券化するなどして、社債・債務を有価証券の形で市場に流通させることを意味します。 例えば、土地開発などでは膨大な資金を調達しなければならないうえ、資金を回収するまでに長い期間がかかります。しかし、資金 を有価証券という形で不特定多数の投資家から調達すれば、債権が流動化するだけでなく、リスクを分散することができます。また、投資者も高利回りの金融商品に投資することができるため、双方に大きなメリットをもたらします。