ふりがな ふりがな
(読み仮名)
でりばてぃぶ

1) 株式や債券、通貨、金、原油など本源的資産そのものではなく、その価格変動を対象に行う取引契約を指します。

現物商品(キャッシュ)商品に対する言葉です。

代表的なデリバティブとしては、フューチャー(Future)、フォワード(Forward)、スワップ(Swap)、オプション(Option)などがあります。

また、これらの複合型も存在し、オプションのオプションとしてコンパウンド・オプション(CompoundOption)、スワップのオプションであるスワップション(Swaption)などが取引されています。

デリバティブの取引は、相対的に小額の原資で多額の投機を行うことが可能なので、高度なリスク管理が必要とされます。

2) 金融派生商品。先物取引、オプション、スワップなど、既存の金融商品(株式、債券、為替)から派生してできた取引に付けられた総称です。