ふりがな ふりがな
(読み仮名)
とーびんぜい

ノーベル経済学者のジェームズ・トービンが1970年代から提唱した外国為替取引税のことです。通貨危機により再注目されました。全ての外為取引に対し一定の率で課税するという単純なものです。短期売買を行うと税負担は自然時間当り効率化することによって短期の投機的取引を抑制することが目的です。