株式や債券の発行の際に需要予測期間を設け、あらかじめ機関投資家などの意見をもとに仮設定された価格や金利を提示することで、投資家側の需要を把握した上で正式な最終条件を決定する方式です。 以前からの方式である、入札による公開価格決定は投機的な入札 が行われかねないというデメリットを持ち、入札上限株数の設定のために大口投資家を実質的に排除してしまうという側面がありました。ブックビルディング方式によりマーケット動向に沿った条件設定や、機関投資家の参入意欲を促すことが可能になったのです。日本でも1997年9月より同方式による新規公開がスタートしました。