サトシ・ナカモトの名前のもとに構築されたといわれており、仮想通貨のシステムの根幹となる重要なコンセプトが「ブロックチェーン(Blockchain)」です。

ブロックチェーンは、その名の通り、ブロックと呼ばれる仮想通貨(暗号通貨)の取引実績に関わる時間や取扱者などの情報を、数珠つなぎのようにチェーン状に接続するイメージのものです。

仮想通貨がデジタル通貨である以上、偽造は永遠の課題であり、それらを防ぐためにブロックチェーンと呼ばれる、暗号化した取引記録(ハッシュ:Hash)を積み重ねていくことで偽造を防ぐ仕組みが重要で、ブロックチェーンのシステムが仮想通貨の発行を促すマイニング(Mining)やプルーフ・オブ・ワーク(PoW)に関わってきます。

ブロックチェーンは、仮想通貨の取引の記録であるため、日々そのブロック(取引記録)が増え続けることになります。