ふりがな ふりがな
(読み仮名)
へっじとりひき

先物取引において、保有しているポジションまたは将来保有するポジションの価格変動にともなう値下がりリスクを軽減する目的で、現物と反対のポジションを取ることが有効になります。 このような目的の取引をヘッジ取引と言います。 多くのヘッジ手法がありますが、もっともシンプルな型として、現物を保有している場合に先物の売付けを行う売りヘッジ、 将来に現物を保有する意思や予定のある場合に先物の買付けを行う買いヘッジの2種類があります。