マージンコールアラートとは、マージンコールを知らせるアラートメールです。

参考: マージンコールとロスカット

マージンコールアラートは、取引口座内の保有ポジション(建玉)の評価がマイナスとなりマージンコールレベルまで達しており取引口座内に十分な取引資金(必要証拠金)がないことをメールや取引アプリ(取引プラットフォーム)上で通知するものです。

日本などの一部のレギュレーションでは、マージンコール発生後に、足りないとされた必要証拠金の補充が必要となります。
ここで必要となる証拠金を追加証拠金(追証、おいしょう)と呼びます。

マージンコール後に追加証拠金の補充が必要となった場合は、さだめられた日数以内に取引口座へ指定された金額を入金しなければいけません。
追加証拠金の入金がない場合は、ロスカットが実行され損失が確定します。

日本国内の金融取引では、マージンコール時にこの追加証拠金の入金が必要です。
追証が発生しないレギュレーションでは、マージンコール後の入金は不要でストップアウトレベルに達することがなければロスカットされません。

関連: 必要証拠金

マージンコールレベルとは、未決済のポジション(オープンポジション)を維持するための必要証拠金の最低維持率のことです。マージンコールレベルは取引口座ごとに異なります。

マージンコールアラートは、AnzoCapital(アンゾーキャピタル)などで採用され、マージンコールレベルに達した際に配信されています。

関連: ストップアウトアラート

参考: ゼロカット