ライトコイン(Litecoin)は、ビットコインの次に発生した仮想通貨で、オープンソースのブロックチェーン技術、マイニングによる通貨発行などの基本的仕組みはビットコイン(Bitcoin:BTC)と変わりはありませんが、ブロックの生成スピードが4倍以上を実現できている仮想通貨です。

処理速度の高速化は、あらゆる産業での取引で利用が容易であることにつながり、実際にライトコインの目指した、ビットコインを「金」とするなら、ライトコインが「銀」という形の通り、簡単に獲得できて、すぐに取引が出来る特徴から最も人気のある仮想通貨の仲間入りをしています。