リーディング・インディケーターとは?

リーディング・インディケーターとは、将来の経済活動を予測する為に用いられる経済指標を示します。

リーディング・インディケーター(Leading Indicator)は、リーディング・インジケーターとも表現します。

リーディング・インディケーターと呼ばれる指標は、以下のようなものがあります。

  • 失業率
  • 消費者物価指数(CPI:Consumer Price Index)
  • 生産者物価指数(PPI:Producer Price Index)
  • 小売売上高
  • プライム・レート
  • ディスカウント・レート
  • フェデラル・ファンド金利(FF金利)
  • 個人収入 など

指標トレードができる海外FX業者はどこ?

リーディング・インディケーターの発表前後は、チャートが多く変動する可能性が高い瞬間の1つです。

そして、リーディング・インディケーター(経済指標)発表時を狙う取引手法を、指標トレードと呼びます。

指標トレードは、英語ではNews Tradeと呼びます。

指標トレードは、OTC方式(DD方式)の海外FX業者では禁止行為とされています。

反対に、NDD方式のほとんどの海外FX業者では、英語の利用規約の中でも明確に指標トレードの禁止を記載していません。

NDD方式の海外FX業者では指標トレードができます

しかし、リーディング・インディケーターと呼ばれる経済指標の発表時は、特に多くの世界中のトレーダーが瞬間的にトレードをするため、海外FX業者によってはサーバーダウンすることがありますので予めご注意ください。

海外FX業者は指標トレードを禁止していなくても、追証が発生しないゼロカットシステムの悪用やボーナスを乱用したトレードは禁止行為としています。リーディング・インディケーター(経済指標)の発表時にハイレバレッジをかけて、イチかバチか、爆益か少額の入金額のみだけの損失か、というトレードは利益没収などの出金トラブルになりますのでご注意下さい。また、指標トレードばかりを狙う取引手法も、レバレッジ制限などの取引制限の対象になりえます。

不安なトレーダーは、日本語対応の海外FX業者から選ぼう!

海外FX業者(海外FX会社、海外FXブローカー)の中には、日本人スタッフがいて日本語窓口を提供している海外FX業者がいます。

指標トレード禁止の記述が書かれていないけど大丈夫?などの不安をお持ちのトレーダーは、日本語対応のカスタマーサポートへ連絡してみましょう。

日本語対応の海外FX業者一覧

また、海外FX業者の口座開設時、みんなで海外FX限定の口座開設キャッシュバックのチェックもお忘れなく!

みんなで海外FX限定キャンペーン!海外FX口座開設キャッシュバック!全社受け取ろう!

みんなで海外FXのキャンペーンサイトから口座開設すると、最大1万円のキャッシュバックがもらえるチャンスがあります!

キャッシュバックはこちら!