レバレッジとは「テコ」のことを表しています。デリバティブ取引などを利用するとき、少ない元手で多額の取引を行える効果を「レバレッジ効果」といいます。
たとえば現物の取引では、普通に取引する場合には、100万円の資金では100万円のモノしか買うことはできません。しかし、外国為替証拠金(保証金)取引の場合は、決まった証拠金(保証金)(例えば30万円)があれば100万円の取引ができます。このため、準備した資金に対する損益金の割合が普通の取引よりも大きくなります。