トレドの決まらない市場状態

レンジ相場とは、売り手と買い手の双方が競り合いをし、市場価格が小幅な値動きを繰り返しているマーケットの状態を意味します。

つまり、均衡状態が続き、相場の方向性 (トレンド)が定まらない相場のことです。

もみ合い相場とも呼ばれます。