注文毎に必要な資金量の単位

海外FXにおけるロット(lot)とは、通貨量の単位を意味です。FX取引をする際に設定をします。

2 lotsのように1 lotより大きい通貨量の場合は、lots(ロッツ)と複数形になります。

ロットは取引量を測る単位とも表現でき、日本では1ロットを1枚(1まい)とも表現することもあります。

FXや株価指数などのCFD取引においては、注文を行う際に一定量以上の掛け金のような資金をロット単位で設定する必要があります。

そして、設定したロット数(取引量)が多ければ多いほど軍資金は多く必要になりますし、同時に利益を獲得した際の利幅も大きくなります。

一般的な通貨量の例

海外FX業者(海外FX会社、海外FXブローカー)および口座タイプでも異なりますが、1ロットは以下の通貨量を指すことが一般的です。

通貨量
海外FX 10万通貨
国内FX 1万通貨

国内FX業者とは、表現の仕方も、通常の通貨量も異なりますので、予めご注意ください。

国内FXで枚数と表現すると説明しましたが、上記の通り必ずしも1枚が1 lotと同じ通貨量とは限りません。1枚 = 10,000通貨 = 0.1 lotsの場合もあれば、1枚 = 10,000通貨 = 1 lotとなる場合もあります。

また、海外FX業者側で初期設定されている1ロットの通貨量をコントラクトサイズ(Contract Size、契約サイズ)と表現することがあります。

コントラクトサイズを1スタンダードロット(1 Standard Lot)と呼ぶこともあります。

ロット数と必要証拠金の計算例

1ロットが10万通貨の口座タイプで、かつ通貨単位が日本円の円建て口座ではドル円(USDJPY)の買い注文を1ロット行った場合、次の証拠金が必要となります。

1 lot = 100,000通貨 = 100,000ドル = 約10,000,000円

つまり、注文時に1ロットの取引量を設定すると、日本円にして約1千万円の証拠金の用意が必要になります。

ただし、正確には上記の約1千万円に対して、レバレッジの倍率(必要証拠金率)に応じた圧縮が発生します。

レバレッジ 1ロット注文時の計算 1ロット注文時の必要証拠金
25倍 約1,000万円 ÷ 25倍 約40万円
100倍 約1,000万円 ÷ 100倍 約10万円
500倍 約1,000万円 ÷ 500倍 約2万円
1ドル100円の為替レートの場合における、米ドルから日本円への計算結果です。

上記はあくまで1ロットにおける計算例であり、実際には0.01ロットなど1ロット以下の設定も可能です。

同じ500倍のレバレッジでも、0.1ロットや0.01ロットを設定すると2,000円や200円からの本当の少額投資で海外FXを始められます。

FX通貨ペアおよびCFDの各商品、銘柄で、取引証拠金の計算は異なりますので、ご注意下さい。

ミニロット、マイクロロット、ナノロット

海外FXのlotとは?スタンダードロットとは?ミニロットとは?マイクロロットとは?ナノロットとは?

海外FXの1ロットには、スタンダードロット(Standard lot)やミニロット(Mini lot)、マイクロロット(Micro lot)、ナノロット(Nano lot)と表現をすることがあります。

1ロットが10万通貨の場合、スタンダードロットやミニロット、マイクロロット、ナノロットは以下のようになります。

ロット表示 通貨量
スタンダードロット 1 lot 10万通貨
ミニロット 0.1 lot 1万通貨
マイクロロット 0.01 lot 1,000通貨
ナノロット 0.001 lot 100通貨

たとえば、最小取引量がマイクロロットと表現された場合、0.01ロット(1,000通貨)からトレード出来ます。

ただ、1ロットが1,000通貨のコントラクトサイズの時にもマイクロロットと表現することがありますのでご注意ください。
コントラクトサイズがマイクロロットで0.01ロットなら、10通貨となります。

海外FX業者を利用する際は、1ロットあたりの通貨量をキチンとご確認することをおススメします。

取引プラットフォーム MT4での標準設定に注意

海外FX業者の標準設定として多い1 lotが10万通貨という単位は、海外FXで一般的に利用されている取引プラットフォーム(取引ソフト)のMT4やMT5での取引時に注意してください。

MT4(MetaTrader4、メタトレーダー4)およびMT5(MetaTrader5、メタトレーダー5)での発注画面で、多くの場合、デフォルトでその海外FX業者および口座タイプに応じた通貨量の1ロットという設定にされています

ハイレバレッジを利用した少額の投資資金で1ロットのトレードができてしまう取引環境だからこそ、ワンクリック取引(ワンタップ注文)などをする際は、事前に取引サイズを確認することをおススメします。

MT4およびMT5の標準通貨量は、「オプション」の「取引」タブにある「数量のデフォルト」から変更することも出来ますので、ご活用ください。

ワンコイン投資ができる海外FX業者は?