ふりがな ふりがな
(読み仮名)
ちゅうおうぎんこう

それぞれの国における金融組織の中核となる機関。銀行券(通貨)を発行、市中銀行に資金を供給、公債発行など政府の銀行として通貨量の調整、また外国為替の管理・決済の業務も行う。「通貨の番人」と呼ばれ、「銀行の銀行」としての役割を持つ。日本では「日本銀行」が中央銀行にあたる。