ふりがな ふりがな
(読み仮名)
きぎょうのしょうらいかち

ある企業が、将来的にどれくらい投機対象として魅力的であるかを測ること。企業は継続して事業活動を行っていくので、自然と株価は将来得られるであろう収益の合計数値を裏付けにしたものとなります。しかし、予想値を現時点で評価する場合、相当の金利水準で割り引かれる必要があります。そこで、将来得られるであろう収益を金利で割り引いて現在の価値水準に換算し、それを合計した理論的株価を導きだして指標とします。換算法にはDDMとFCFVの2つがあります。