投資信託の投資者が信託期間の満了を待たずに中途解約すると、一種の違約金を求められることになります。この違約金のことを信託財産保留額と言い、中途解約のために発生する組入証券の売却手数料等、諸費用をまかなうためにあてられます。