企業の業績予測のために収益構造を把握することが重要ですが、 その分析手法の一つが利益増減分析です。この分析は、増減した利益金額を、価格効果、数量効果、原材料効果、固定費効果などに分類して行われます。これによって、利益増減の原因が販売価格の上下にあるのか、販売数量の増減にあるのか、原材料価格の上下なのか細かく分析することができます。