資金が市場にだぶついているときに、中央銀行が手持ち証券を売却して資金を市場から引き上げることをいいます。