ふりがな ふりがな
(読み仮名)
けいやくがたとうししんたく

契約型投資信託は委託者(運用会社)と受託者(信託銀行)、受 益者(投資者)の3者によって構成されます。投資者は運用会社の 発行する受益証券を購入することで受益者となります。一方、運用 会社と信託銀行は信託契約を結び、運用会社は実際の資金の運用を、信託銀行は信託財産の保管を行います。投資者は受益証券を購入することで信託財産の運用によって発生する損益を受け取る権利を得ます。現在、日本の投資信託の主流はこのタイプです。