ふりがな ふりがな
(読み仮名)
いたくてすうりょう

顧客が有価証券の売買を証券会社に委託し、それが成約した場合、執行するために徴収する手数料のこと(注文するだけでは必要なし)。 以前は料率が証券取引所の受託契約準則で定められており、株式の場合は約定代金によって段階的に決められていました。債券の場合も額面総額および債券の種類によって料率が異なっていたのですが、1999年10月から全面的に自由化されています。