株価が異常な値動きをする恐れがある場合、有価証券の募集・売出を円滑に行う目的で、幹事証券会社などが買い支えなどの売買で相場をくぎ付けし、固定または安定を図る取引のこと。 しかし、安定操作が安易に行われると相場操縦となって、売買取引の公正さや投資者保護の確保という観点からは、重大な支障をきたす場合も考えられるので、厳格な要件のもとに認められています。