ファンドの評価方法の一つです。定量的な分析だけでは把握することができない部分(運用方針、運用プロセスなど)をファンドアナリストが直接運用会社やファンドマネージャーにヒアリングすること等により評価します。