取引所の売買で、その日の最初の売買を寄り付きと言い、その時の値段を始値と呼びます。尚、後場の最初の取引を「後場寄り」と言うこともあります。