差金決済取引とは、為替直物取引などで行われる現物の受け渡しとは異なる取引の方法で、反対売買(転売・買戻し)によって差金を授受する決済方法のことです。

外国為替証拠金取引のほとんどはこの方法によって決済が行われます。差金決済取引は、英語では、CFD取引とも呼ばれます。

売買を約定し、その約定の履行期限内に反対売買が行われたときは、その売買に対応する数量についての代金上の差額、すなわち差金を計算し、これを授受して決済とします。

取引所の取引は先物取引と現物取引の両者が行われていますが、この両者は差金取引をすることができるかどうかによって明確に区分されます。

関連用語: 証拠金取引