受注によって生産を決定するのではなく、需要の予測によって生産を行う産業のこと。代表的なものとして鉄鋼、非鉄、石油、繊維、紙、パルプ、化学などの産業 があげられます。こうした製品は、受給バランスによって価格が変動する傾向が大きく、企業の業績にも大きな影響を与えるため、株価も商品市況によって変動する傾向があります。