前場、後場の最後の売買を「引け」と言い、後場の最終売買を特に「大引け」と言います。新聞等で、一般に前日の株価は大引けのものを指します。