ある銘柄の取引において、売り手側もしくは買い手側の数量を指します。たとえば買い手口なら「A銘柄にB証券5万株の買い」といった使われ方がされます。