発行会社の新しい株式を一定の価格で取得できる権利を 新株引受権と言います。普通社債に新株引受権をつけたものを、新株引 受権付社債(ワラント債)と呼びます。社債部分と新株引受権を分離できる場合には、引受権のみが新株引受権(ワラント)として流通することになります。