株式取引において、同一価格の注文があった場合には、先に行われた注文を優先するという原則です。