大量の有価証券が一般公衆に対して募集されたり売出されたり、または流通する場合、 一般投資者が十分に投資判断ができるように発行会社の事業の状況、財務状態、経営成績等に関する情報が開示されることが必要になります。証券取引法では、一定の場合について、このような開示を有価証券届出書等によって義務づけており、投資者保護を図っています。