すでに発行されている株式を、資金調達を伴わない新株の発行形態で細分化して発行済株式数を増加させ、その増加分を株主の所有株式数に応じて配分すること。この場合、発行済株式数が増加しても、株主の持分である株主資本には変化がないため、分割比率に応じて株価を下げることができます。