ふりがな ふりがな
(読み仮名)
かぶぬしるいせきとうしせいど

証券会社が多数の投資家を募り、同一銘柄を定期的(毎月一定の日)に共同で買い付ける制度のこと。投資家は証券会社に月々1万円以上1000円単位(単位株購入に必要な額未満)で、証券会社の選定銘柄から選択した投資対象に投資することができます。買付株式は多数の顧客の共有(名義は取扱証券会社)となりますが、毎月買付を継続する中で購入株数が単位株式数に達すると、分離して投資家に返却され、本人名義の株式となります。比較的少額の資金で株式投資に参加できる、という特徴もあります。