個人や企業から預かった資金を証券投資により資金運用を行うことを固有の業務とする個人投資家以外の投資家のこと。

生命保険や銀行などの金融機関、投資信託の委託会社、投資顧問会社などが代表的ですが、企業年金基金や農林系金融機関、損害保険、商業銀行なども含まれ、明確な線引きはありません。(生命保険・損害保険・証券会社、投資信託・信託銀行、銀行など。)

運用資金量が多く、情報の収集・分析能力も高いことから徹底した分散投資を行えるため、市場において大きな影響力を持つ存在と認識されています。