米国の民間調査会社のコンファレンス・ボードが発表する指標。
消費者に対する調査をベースに、1985年を100として消費者心理の動向を指数化しています。ミシガン大学消費者信頼感指数とともに、消費者の心理動向を示す指数として注目されています。