自国通貨と外国通貨の交換レート(比率)のこと。為替レートとも呼びます。為替市場における外貨の需給関係で決まり、需給は実需のほか投機により左右される場合があり、実需よりも投機による取引量が拡大しています。