ふりがな ふりがな
(読み仮名)
げんさきとりひき

債券を一定期間後に一定価格で買い戻す、または売り戻すことを条件に、売買を行うこと。売り戻し条件付きの債券購入は「買い現 先」、買い戻し条件付きの債券売却は「売り現先」と呼ばれます。 売り現先側は売買を行うことで資金を調達し、買い現先側は一定期 間保有することになる債券の利回りを得ます。現先取引は、1950 年代に証券会社が自己保有する債券を利用して短期資金を調達する ために自然発生しましたが、その後、急速に発展し、個人を除く誰 もが参加できるようになりました。買い戻し・売り戻しの期間は短いもので1日、長いもので数ヶ月になっています。